アトリエM かわいい障害者作品あります 〜みんなの胸キュン雑貨〜

あなたはどんな関わり方?

障害者の生き甲斐・居場所・元気作り アトリエM

Mが目指す商品

「かわいい障害者作品」、かわいさ、かっこよさ、他に無いオリジナルの魅力…それぞれの理由で「欲しい!」と思われてご購入頂ける雑貨を目指します。また、特にテーマとしては、女性・ママさん・女の子に キュンと来て買って頂ける「胸キュン(M)雑貨」の作品(商品) 制作を目指します。

障害者の方のハンドメイド作品、と聞いて、皆さんのイメージはどのような作品でしょうか?流行の障害者アートかもしれません。それともさおり織のようなメジャーな商品かもしれません。それらも素敵ですがしかし、アトリエMがお取扱いさせて頂いているのは、一般のハンドメイド作家さんに負けないクオリティやかわいさ、かっこよさ、オリジナリティを持った作品の、バラエティに富んだ各ジャンルの雑貨ばかりです。雑貨のジャンルなど詳細は、委託販売のギャラリーをご参照くださいね。

雑貨イラストイメージ

これらの作品は、全国の障害者などの作家さんや、障害福祉施設さんの独自の、心の籠った制作で生み出されるのが主となっています。今後は、布小物を中心として、アトリエMの手作りを広める活動にご参加頂いた方からも、そうした作品が生み出されるように活動を頑張りたいです。

布小物 イメージイラスト

かわいさ等で「欲しい!」と思われ 売れていく雑貨を

現在委託販売などに参加されている作家さん施設さんは、それらの魅力やクオリティを向上させ、当方のお客様のお声のフィードバックなどに応えようと日々努力されている方ばかりです。当方は、「障害者の人が頑張って作っているから応援になるよね」と、お買い求め頂けるのも大変嬉しいですが、決してその応援のお気持ちに甘んじず、「かわいいから (や、上記のかっこいいなどのそれぞれの魅力の理由)」お買い求め頂けて、障害者の方の収入に自立に繋げていける作品を今も扱い、将来の施設でも作っていきたいです。

匿名の女性作家さんアクセサリー
委託販売に参加されている女性作家さんのアクセサリーです。

お客様の贈る幸せな気持ちのお心添えを

また、お客様にも、素敵なハンドメイド雑貨が喜ばれます。アトリエMの商品は、プレゼントにとご購入される方も多いです。例えばですが、主力の一つのМОМОのスタイなどベビーグッズは、赤ちゃんにぴったりの優しいダブルガーゼなどのほっこり柄。贈られるママさんなども、出産という嬉しいライフイベントに、手作りのとても温かい品でのかわいいギフトをもらって、さらにHAPPYになってくださいます。また、それを贈った方も、喜ぶ贈り先の方のことを聞いて幸せな気持ちになってくださいます。

MOMOのほっこりスタイ

その他、ポップで鮮やかなビーズ刺繍のパッチンピンを小学生のお孫さんに。ピンクのビーズが白い革コードの間に編まれた、かっこかわいい手編みのラップブレスを彼女さんに…(委託販売ギャラリーをご参照ください☆)など。贈り贈られるお客様の方の、HAPPYな気持ちのお心添えができる、アトリエMでありたいと思います。

特色、テーマとしては、胸キュン(М)な雑貨を

前述のように、当方がお取扱いさせて頂いている障害者などの作品は、かわいさなどの様々な魅力を持っています。そのテイストは、作家さん毎にオリジナルで、多岐にわたります。下記が集合写真です。それぞれの雑貨の魅力の理由となるテイストと後述の内容については、こちらのブログの投稿をご覧ください。

みんなの作品集合写真

しかしながら、アトリエМとしても、特色となるテイストを掲げていきたいです。当方が従来目指してきたのは、まさに「かわいい」雑貨、胸キュン(М)の雑貨です。特色としたいのは、ママさんや女性の方、女の子たちが、キュンときて、買っちゃう。そんな雑貨たちです。当方は、そのような雑貨のラインアップの開発を、現在の作家さん施設さんなどのメンバーさん方と共に、探っていきたいと思います。私たちは、そのような、かわいい障害者作品を目指します。

胸キュン イメージ

胸キュンイメージイラスト出典元
イラストわんパグ

障害は頑張る私たちのアイデンティティ、障害を強みにした制作販売活動

敢えて障害を名乗る

アトリエMでは、ご覧のように、大きく「障害者作品」と掲げています。障害者、とひとくくりに言われることに、一人ひとり異なり多様なバリアを感じている障害者の方々は違和感を覚えるかもしれません。また、従来の日本の社会では、障害とはネガティブなイメージが定着してきたかもしれません。

しかしながら、Mでは以下の考えのもとに、「敢えて障害者と名乗る」ことをやっていきたいと思っています。それは、「障害」は、ハンディに負けないで頑張る私たちのアイデンティティだということです。私たちの困っているバリアやしんどさは様々、だけれども、みんなそれぞれに、障害とハンディと生きることに、頑張っているのです。

様々な障害 イメージイラスト

商品力、可愛さで勝負して、販売していくけれども、「障害」というキーワードに引っかかって商品に興味を持ってくれる、社会的関心が高い人も、もちろんお客さまとして巻き込みたい。私たちは積極的に障害と名乗り、いい意味で障害を「利用」し、障害を強みに変えたいのです。

障害を強みに

「みんな(M)」の「胸キュン(M)」雑貨 と、障害者の雑貨にまつわる事業として

また、障害と言っても様々であり、障害とは規定されないしんどさもあります。ですから、アトリエMの参加要件に、「なんらかの障害を持った方、または今までの生き方に生き辛さを抱えてきた方」は特に大歓迎、としています。またいろんな方に関わって頂き、教え合ったり、活動を充実させたいです。障害を持たない方も、手芸が好き/興味がある方、手芸をされる方なら、ぜひご参加頂きたいと思いました。またそうした方にも、「みんな」の教え合いに、ぜひご参加頂きたく思っております。

生きづらさ イメージイラスト
生きづらさや分かち合い イメージイラスト

アトリエMとして、「敢えて障害を名乗り」、「障害者作品」を販売していくことはもちろん大きな方針として大事にしたいのですが、上記のように、いろんな「みんな」の作品である、ということにも力を入れ、今後バランスよくPRしていきたいと思っています。

みんな イメージイラスト

また、一方で障害者が関わる社会貢献性の高い雑貨のグループ活動としてご注目を頂くときもあります。ですので、アトリエMでは、現在はイベント出展では障害者作品を主に持っていかせていただいています。今後イベントのとき、今後一般メンバーさんとの作品を双方ご用意するときは、ポップなどをつけて、それとわかるようにお伝えしていく予定です。チェックしてみてくださいね。

ぜひ、一緒にそんなアトリエMを作っていきませんか?関心を持ってくださった方はフォームの方からご連絡くださいね。

イメージイラスト

出典:イラスト素材の素材ダス